アートの広場 Vol.06 『ぐりとぐら』


前回、『いやいやえん』について「保育者の言葉で書かれた、

日本で初めての童話」という松居直の評論があった話をしましたが

『ぐりとぐら』については、良い絵本とは子どもが見て楽しむものではなく、

入っていって楽しむものであると言っています。

 物語論でいう「行って、もどって来る」の世界です。

そこに「入る」には確かな手ごたえがある世界でないと、入り込む事はできない。

子どもが我を忘れて入り込める世界、リアリティのある絵本という事になります。

そういう絵本に出会うと、その世界に入り込んで思う存分、心から楽しめると

子どもは、ためいきをついて “ ああ、おもしろかった ” と喜びを表します。

 リアリティがなく、曖昧だったり、わかりにくいと「もう一回読んで~~」はない。

手に取るようにはっきりとした「世界観」があるかどうかの違いなのだろう。

 話は違うが、以外とこれ大人の世界でも同じで、ビジョン・世界観が明確でないと

人は動かない。話し合いでも、口説きでも、プレゼンでも、モノを売る時でも

自分が本当に良いと思える。手応えがないものは説得できない、というか売れない。

 絵本にもどると『いやいやえん』も『ぐりとぐら』にも “ 確かな手ごたえがある。

子どもが入っていける明快な世界 ” がある。

 自己紹介は歌の中でされて、飽きるさせるような無駄なものはない。

イメージが自分の中ではっきりしているから説明的、解説的なくどさがない。

 会話では「やあ、なんておおきなたまごだろう。おつきさまぐらいの

めだまやきができるぞ」「ぼくらのべっとより、もっとあつくて、

ふわふわのたまごやきができるぞ」と誇張があるが

子どもはこうした言葉とイメージの遊びをよくするものだ。

イメージは躍動し、積極的な表現をしている。

 こうした子どもの共感をさそい、子どもを引き込んでいく力を持つためには

文章が目に見えるように書かれている事。子どもの関心事である事。

願望と空想が子どもの共感を誘い物語への参加を促している、等々が必要。

 しかも、これらには読者を自分の世界へ引っ張り込もうというのではなく

幼児の中に語り込んでいく、とでもいうような語りの展開がある。

 幼児の集団生活の中からの発想・表現であって

これらの発想・表現は外からの借り物ではなく

幼児の内から見ての語りになっている。

面白い絵本は多くあるが、ここが保育者の視点なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です