アートの広場 Vol.04 ………… 「となりのトトロ」

 「ぐりとぐら」の中川李枝子さんの「子どもはみんな問題児」 に

宮崎駿の帯が付いている話を前回しましたが、「となりのトトロ」

オープニングテーマ「あるこう、あるこう、わたしはげんき〜」

でおなじみの『さんぽ』の作詞も中川さんです。

 徳間書店の「となりのトトロ」、ポエム版と言われている

詩・中川利枝子 絵・宮崎駿 の本の中に収められています。

この本のあとがきで宮崎さんは「私は学生の頃、児童文学作品

(なんて固い言葉だろう)を書きたいなんて考えていました。

そして、たまたま中川さんの「いやいやえん」に出会いました。

 驚天動地というのは大げさかもしれませんが、目からウロコが

五、六枚おちる気分で、それ以来、児童文学作品を書こうなんて

考えなくなりました。…… 」と書いています。

 宮崎監督は「いやいやえん」に衝撃を受けて、中川さんに映画化を打診。

断られて、その後に企画が発展して『崖の上のポニョ』になった……

なんて話もあります。

 他にも宮崎さんは、中川さんの「そらいろのたね」や「くじらとり」

「たからさがし」なんかを映像化したりしてます。

 宮崎さんが「児童文学」好きな理由は逆説的です。本は面白いから

じゃなくて、修行のように読まなきゃいけない、という強迫観念

のもので、しかも大人の小説には、自分ではどうしようもない事が

世の中にはある、というのが嫌で読まなくなったと言っています。

でも児童文学だけは好きだった。気質に合っていたそうです。

 曰く、「どうにもならない、これが人間という存在だ」という、

人間の存在に対する厳格で批判的な文学とはちがって、

「生まれてきてよかったんだ」というものなんです。

生きててよかったんだ、生きていいんだ、というふうなことを、

子どもたちにエールとして送ろうというのが、児童文学が生まれた

基本的なきっかけだと思います。

と言っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です