アートの広場 Vol.03 ………… 「紙の本」は三次元

 電子書籍には、もう随分お世話になっている。

とにかく、いつでもどこでも読めるというのが良い。

だが「紙の本」との違いは自分の中では明瞭になってきた。

 一言で言うとモニター画面の平面・二次元の電子書籍に対して

「紙の本」は三次元だということ。「あゝ厚みか」と思うかもしれないが

一覧性や記憶の引き出しとして考えると空間というか、この三次元というのが

大きい役割を果たしている、とつくづく思う。

 あの本の、あのあたりに書いてあったなとか、厚みで記憶しているからそう思う。

 もちろん電子書籍でも「束」を色々工夫したものもあるが、原理的に無理がある。

三次元的な、立体的な引き出しというのが分かりやすい例は、自分の書棚でもいいが

行きつけというか、馴染んだ図書館なり、本屋のジャンル分けを考えてみると

自分の頭の中に、何階のあのあたりに行けば、この情報はあるな……というような雰囲気だ。

あのような空間的な「引き出しの地図」が頭の中に出来ているからだと思う。

 知的な刺激を得たいときは、本屋でいつも行かないコーナーに行くと面白い発見がある。

そういう例が先日あった。

もう子供が大きくなってからは育児書のコーナーなんて

行かなくなっていた。ふらっと立ち寄った場所に、帯の文句が

「この本こそ子育て中の新米ママの味方だと思いました」という文言に

サインが付いている「宮崎駿」だ。本の名前は「子どもはみんな問題児」

「ぐりとぐら」の中川李枝子さんの本。

 一瞬に色んな事を思い出した。この先を書き出すと長くなるんで今度……。

本自体は、読み終わってから子育て中の仲間にあげた。

 その近くの絵本のコーナーには例の「おやすみロジャー」が平台展開

されていたが、これは2010年から各国で1位を取り続けて、この冬(2016.2.20)日本に上陸してからマスコミで取り上げられ続けて10分で寝かしつけられる、と大評判になっている。

 個人的には、どうもあの絵自体と絵の少ない「絵本」というのが引っかかってはいる。

心理学的手法なのだろう、というか催眠術的要素で、寝かしつけの効果はあるようだ。

 私的には「どうも…」なんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です